肝斑を治すには?

肝斑を治すには?

肝斑を治すには?

シミに効く医薬品は増えています。
L-システインやアスコルビン酸、N-アセチルシステインなどの美白成分が使われているものが多いです。
老人性色素斑という一般的なシミには、効果のある美白成分です。
ですが、肝斑には、これらの成分の効果はイマイチあらわれません。
特殊なシミなので、改善する方法は少し違います。
とはいっても、肝斑を改善していく方法はあります。

 

有効成分は2つあります。

「トラネキサム酸」

シミ

医療現場でも使われる成分で、主に止血作用を持つ成分として知られていますが、肝斑にも有効なことが分かっています。具体的なメカニズムは分かっていませんが、使っているうちに肝斑の色素沈着が緩和されていきます。
トラネキサム酸を飲み始めて、大体1ヶ月くらいで効果が出はじめます。

 

「ハイドロキノン」

肝斑を治すには?

これはお肌の漂白剤とも呼ばれるほど、非常に美白効果の高い成分です。
ビタミンCの100倍ほどの効果があると言われていて、ばつぐんの美白効果が最大の特徴。メラニン色素の産生を抑制することでシミを消すことができます。
また、トラネキサム酸との相乗効果が高いとも言われています。
一般的にハイドキノンクリームは皮膚科で処方してもらえますが、最近では配合した化粧品も登場しています。

 

また、肝斑は皮膚科で治療することもできます。
上記で紹介した成分を含む薬物療法がメインです。ビタミンCやトラネキサム酸の内服薬や、ハイドロキノンクリームなどで治療を行います。