紫外線はお肌の大敵!

紫外線はお肌の大敵!

シミ

シミができてしまう一番の原因は「紫外線」です。
紫外線は外部ダメージになり、肌に影響を及ぼす肌の大敵です。

まず、紫外線を浴びると皮膚の中でメラノサイとからメラニン色素が作られます。
メラニン色素は細胞をダメージから守る役割をになっているのです。この働きで皮膚がんなどに抗っています。
ところが、メラニン色素は良いところばかりではなく、メラニン色素が沈着してしまうとシミができてしまいます。

 

通常、ターンオーバーという肌の新陳代謝が、余計なメラニン色素を追い出してくれるのですが、ターンオーバーが乱れたり、メラニン色素が異常に発生してしまうと掃除が追い付かなくなり、シミができてしまうのです。
一時的に紫外線を浴びてしまう程度なら改善の余地がありますが、何度も紫外線を浴び続けているとメラノサイとが活性化しシミが作られやすくなります。
こうしてメラニン色素が何度も繰り返し作られることで色素沈着がどんどん進んでいき、シミが増えます。
しかも、肌のターンオーバーは加齢とともに乱れてしまので、簡単にメラニン色素を排出することができなくなり、シミの元が蓄積されてしまいます。

 

夏場になると天気予報で紫外線の量も報道されますが、年中通して紫外線は出ていますし、天候が悪いときでも発生しています。ですから、日ごろから紫外線対策を行うようにしましょう。
美白ケアをしている最中も油断は禁物!出掛けるときはUVケアを行ってください。