妊娠中はシミができやすい?

妊娠中はシミができやすい?

妊娠中はシミができやすい?

シミの主な原因は紫外線ですが、女性ホルモンのバランスが乱れることでもシミができることがあります。

私たちは2種類の女性ホルモンのバランスが正常に保たれることで健康や美容が維持されるのですが、バランスが乱れたときにさまざまな症状があらわれます。
よく、生理前になるとニキビができたり、肌が荒れたりしますよね。

 

そして、妊娠すると女性ホルモンは普段の状態とは変動してしまいます。
これが元で、若い人でも妊娠中はシミができやすくなります。
妊娠中はとくに女性ホルモンの分泌が盛んになります。すると、メラノサイトも活性化されて、シミができやすくなってしまいます。

 

妊娠中は気持ちもデリケートになりやすく、シミができることでも落ち込んでしまうことがあると思います。ですが、神経質になる必要はありません!妊娠中はストレスをなるべく控えましょうね。

 

このようなシミは、出産後に自然と治っていくことがよくあります。
ただ、できる限りのシミ対策は行っていた方が効果的にシミを防げます。
スキンケアを怠らないようにし、紫外線対策を行いましょう。
また、妊娠中でも使えるシミの医薬品があるので、安全性の高い物を選んで利用してもOKです。念のため担当医に相談してから使ってみましょう。