シミ対策の有効成分一覧

シミ対策の有効成分一覧

シミ対策の有効成分一覧

「気になるシミをなんとかしたい!」
そんなとき、美白化粧品や美白サプリメント、医薬品を使ってケアを行いますよね。

シミ対策を始めるにあたって、有効成分を知っておきましょう。
パテントン酸カルシウムやコハクd-αトコフェロールなどの成分がありますが、ここでは、主な有効成分名と効能をご紹介します。

 

【L-システイン】

シミ対策の有効成分一覧

L-システインは美白成分の代名詞と言えるでしょう。シミに効く医薬品や化粧品によく使われています。

アミノ酸の一種であり、もともと皮膚や髪、爪に存在しています。

アミノ酸の中でも食事からは摂りにくいため、L-システイン配合の製品が続々と販売されています。
メラニンを薄めたり、生成を抑え、ターンオーバーを促進してメラニンを追い出す働きがあります。総合的に美白効果のある成分です。

【アスコルビン酸】

シミ対策の有効成分一覧

L-システインと同様に美白成分の代表的な成分です。

アスコルビン酸は、言い換えるとビタミンCです。

摂取したあと体内でビタミンCに変化する作用がこの成分の特徴です。
アスコルビン酸はメラニンに対する働きが強力で優秀な成分です。
メラノサイトの働きそのものを抑え、シミを防いでいくことができます。
さらにできてしまったシミのメラニン分解や還元作用もあるため、効果的に美白をサポート。
しかも、コラーゲンの生成にも関わっているのでハリのある美肌にも有効な成分です。

【トラネキサム酸】

シミ

止血剤の一種で医療現場でも活躍しています。

唯一、肝斑に効く効能がある成分として知られ、美容業界からも注目を浴びています。効能のメカニズムは明確になっていませんが、肝斑やシミに効き目があります。

【N-アセチルシステイン】

シミ対策の有効成分一覧

一番に紹介した、L-システインと同じくアミノ酸の一種です。

N-アセチルシステインは体内のダメージを修復する働きがあり、メラニンの生成を抑えます。

たとえば、喫煙やアルコールなどの内部からの刺激に対して有効性があります。肌細胞を傷つけることを防ぎ、活性酸素を除去してメラニンを薄めます。