シミの種類に合わせて対処しよう!

シミの種類に合わせて対処しよう!

シミの種類に合わせて対処しよう!

「シミには種類がある?」のページで、シミの種類をいくつか紹介しました。
アナタが悩んでいるシミが当てはまる種類は分かりましたか?

もう一度、種類を振り返ってみましょう。
「老人性色素斑、肝斑、雀卵斑(そばかす)、脂漏性角化症」などの種類があります。

 

それぞれ原因は異なるので、原因に合う処置方法が適切なケア方法です。

 

たとえば、一般的なシミの老人性色素斑は主に紫外線ダメージが原因なので、UVケアや美白成分の補給でシミ対策を行えます。
肝斑は主に女性ホルモンの変動が原因なのでホルモンバランスを整える治療や栄養補給が効果的です。
雀卵斑は遺伝要素が強いので解決策が少ないのですが、美白ケアやレーザーなどで治療することもできるようです。
このように、シミの種類によって対処方法が変わってきます。

 

シミの種類に合わせて対処しよう!

 

とくに、脂漏性角化症などはイボができる症状なのでレーザー治療が必要になります。
肝斑も一般的な美白成分は効き目が薄く、トラネキサム酸という成分が効果的になります。ただし、薬を飲み始めても大体1〜2ヶ月ほど改善が見られるまで時間がかかります。

 

スキンケアや医薬品で治せるトラブルも多いですが、中にはレーザー治療などの医療ケアしか効果が出ないこともあります。