シミの原因はターンオーバーの乱れ?

シミの原因はターンオーバーの乱れ?

シミの原因はターンオーバーの乱れ?

シミの主な原因は紫外線ですが、間接的に原因になるのが「ターンオーバーの乱れ」です。
ターンオーバーは肌の新陳代謝で正常なら28日サイクルで肌が生まれ変わるようになっています。

仕事を終えた細胞が剥がれ落ちて新しい細胞と入れ替わることで、キレイな肌を維持できるようになっています。
ところがターンオーバーが乱れると、そのサイクルが乱れてしまって古い細胞や角質が滞り、肌トラブルの元になります。
シミをはじめ、ニキビや肌荒れ、くすみなどの肌トラブルを誘発します。

 

極端な話、子どもは日焼けをしても肌は元の色に戻りますよね?これは、ターンオーバーが整っているからです。
シミも同じくターンオーバーが整っていれば、そう簡単に作られません。
しかしながら、年齢を重ねるとターンオーバーが乱れやすくなります。そのため、シミは30代以上に多く見られる症状と言われています。
自然なターンオーバーを保てるのは大体20代までで、それから徐々にサイクルが長くなり、その分シミの元が溜まりやすくなってシミが作られてしまいます。
いくら美白ケアをしてもターンオーバーが乱れていてはあまり効果が出ないので、ターンオーバーを正常にするケアも必要です。