シミの中でも特殊な「肝斑」とは?

シミの中でも特殊な「肝斑」とは?

シミの中でも特殊な「肝斑」とは?

肌トラブルの中でも厄介なシミ。
シミにもいろいろと種類がありますが、その中でも「肝斑」は特殊です。

 

一般的にシミは紫外線や肌のターンオーバーの乱れなどが発生源ですが、肝斑は主に女性ホルモンのバランスの変化が原因とされています。
明確な原因は分かっていないのですが、ホルモンバランスの変動から起こりやすいとされていてるので、もしも紫外線対策を行っているにもかかわらずシミができてしまった場合は肝斑かもしれません。

 

シミ

 

ポツポツとしたシミ、丸いシミとは違い、まるで地図のように形がはっきりとしていないことが肝斑の特徴です。
基本的に左右対称でシミができますが、まれに左右非対称の場合もあります。
頬骨や口まわりにできやすく、目の周りにはあらわれません。

 

紫外線が減員にはなりませんが、紫外線を浴びることで悪化することはあります。色素沈着が悪化し、シミの色が濃くなってしまうのです。美容のためのフェイスマッサージやケアも、外部刺激となってシミが濃くなる場合も…。
ストレスも大敵で、過度なストレスがシミの色素沈着を濃くしてしまいます。

 

斑の原因が他のシミとは違うため、シミに効くはずの医薬品や美白化粧品の効果があまり出ません。