シミには種類がある?

シミには種類がある?

シミには種類がある?

シミといっても種類があることはご存知ですか??
どれも同じように見えますが、具体的にはいくつかの種類に分類されます。

 

【老人性色素斑】

シミには種類がある?

主に紫外線が原因のごく一般的なシミです。
頬や目元など、さまざまな部位に出るシミです。大きくできることもあるため目立ちやすいシミです。

【肝斑】

シミには種類がある?

左右対称にできるシミです。(稀に左右非対称の場合もある)
褐色が均一的に濃く、目のまわりにできやすいシミです。
とくに30代から40代の女性に多く見られます。これは女性ホルモンと関係しているからです。

【そばかす(雀卵斑)】

シミには種類がある?

雀卵斑(じゃくらんはん)は、そばかすのことで顔にあらわれる小色素斑のことです。
原因は遺伝性要素が強いため年齢かかわらず、子どもでも出ることがあります。幼少期にあらわれ、そのうち目立たなくなることも珍しくはありません。
とくに鼻や頬あたりにポツポツとできるところが特徴です。

【脂漏性角化症】

シミには種類がある?

シミの各課が進み、ぷっくりとイボのようなものができます。レーザ一治療などで取り除くことができます。

【遅発性両側性太田母斑】

シミには種類がある?

性格にはアザの一種で先天的なものです。日本人に多いとされていますが、レーザー治療で対処できるシミです。