キミエホワイトプラス

キミエホワイトプラス

キミエホワイトプラス

キミエホワイトプラスは、社員が自分の母のために開発したシミ改善用の医薬品です。株式会社富山常備薬グループが開発した商品で、第3類医薬品に分類されます。
サプリメントとは違い、医薬品であるため、しっかりとした効き目が!加齢によって起こるシミだけでなく、そばかすの悩みにも効果的!

 

一般的に化粧水や美白クリームなどでスキンケアし、シミをケアしていきますが、体内からのケアを考えてみませんか。そこをフォローするのがキミエホワイトプラスです。

 

3ステップ+フォローという形になっていて、4種の有効成分がシミの発生を防ぎながら、メラニンを薄め外に排出することも可能です。

 

有効成分として、キミエホワイトプラスでは「L-システイン」「アスコルビン酸」「リボフラビン」「ニコチン酸アミド」を配合しています。L-システインにはメラニンの古い角質を排出する働きがあり、同時にアスコルビン酸とともにメラニンの生成を防ぎ色素を薄めることができます。

 

リボフラビンやニコチン酸アミドは肌内部の細胞を作り出す働きがあります。

 

つまり、キミエホワイトプラスに含まれる成分の働きから、できてしまったシミを改善しながらシミ予防を行えます。

 

キミエホワイトプラスの飲み方・注意点

  1. サプリメントと違って医薬品ですので、キミエホワイトプラスは飲む量や飲み方が決まっています。必ず正しく服用してください。
  2. 1日3回、1回3錠を食後に服用しましょう。一度に何錠も飲む必要がないため、飲みやすさも人気のポイントです。
  3. 飲んでいるうちにじっくりと作用が起こりますが、早くて10日程度で実感された方も。また、3ヶ月服用して変化を感じられない場合には、他の方法を試すとよいかもしれません。
  4. 医薬品なので副作用に注意が必要です。まれにですが、嘔吐や悪心の症状が副作用として考えられます。もし、肌に湿疹が出るなどの異常が起きた場合は服用を中断しましょう。
  5. 服用中、尿が黄色っぽくなることがありますが、これは配合成分のリボフラビンの働きによるものなので問題ありません。
  6. また、キミエホワイトプラスの服用中も、スキンケアを行いましょう。外側からのアプローチも並行することで効果的にシミ対策できます。