アスコルビン酸ってなに?

アスコルビン酸ってなに?

アスコルビン酸ってなに?

シミに効く医薬品にも使われていますが、「アスコルビン酸」という成分名を聞いたことはありませんか??
これは、簡単に言うとビタミンCのようなものです。

 

アスコルビン酸はビタミンC補給のための薬成分で、以前からシミの治療によく使われています。
アスコルビン酸は体内に入ってから、ビタミンCに還元されます。
そもそも、体内のビタミンCが不足してしまうことも、シミの起因になる要素です。
ビタミンCにはメラノサイトの働きを抑制する作用があるため、シミ対策に効果的な成分です。さらにメラニン色素そのものを分解することもできるので、できてしまったシミを薄くする効果も期待できます。

 

また、ビタミンCはコラーゲンを体内で作るために欠かせない栄養素でもあります。なので、ビタミンCを補給すると、シミ対策だけでなく、ハリのある健やかな肌作りにもなります。
活性酸素を除去するためにも役立つので、若々しい肌の維持に欠かせないビタミンなのです。

 

その他にも健康にも関わってきます。
ビタミンC不足になると毛細血管からの出血や、骨・筋骨の繊維成分の構成が悪くなります。
ちなみに鉄を吸収しやすくする作用もあるので、一緒に摂ると効率よく鉄分を摂ることもできます。