シミを消したい女性必見!飲むシミ対策方法とは?

シミに悩んでいる女性必見!飲むシミ対策方法とは?

シミを消したい女性必見!シミを消す薬特集!

シミ対策の方法といったら、何を思い浮かべますか?
ずばり、「スキンケア」ではないでしょうか?
実際にシミ対策用として販売しているスキンケア化粧品はたくさんありますよね!

 

もちろん、それらも効き目が期待できます。
また、レーザー治療という方法もありますね。これは非常に効果が高いですが、危険性もゼロではありませんし、お金もかかります。ですから、最終手段として考えておきましょう。

 

そして本題になりますが、別の観点から、シミ対策を考えてみませんか?
それは「飲むシミ対策」という方法です。

 

シミに効く医薬品がある!?

シミ

今、じわじわと話題をよんでいますが、シミに効き目のある医薬品が登場しました!!
しかも、処方箋いらずの市販薬です。
わざわざ病院で診察を受けて、塗り薬・クリームをもらう必要はありません!!

 

クリームの類とはまた違い、体内からシミにアプローチするという斬新の考えです。
たとえば、健康的な人は肌の血色もよく肌荒れも起こりにくいと言います。それと同じように、シミに関しても体内からのアプローチは有効性があります。
しかも、医薬品はサプリメントと違って効果が証明されています。

 

※医薬品選びでは、シミのタイプ・効能をよくチェックしてくださいね。シミによっては効き目が出ないこともありますのでご注意ください。

 

シミに効果的な医薬品選びのポイント

 

 

配合成分

シミを消したい女性必見!シミを消す薬特集!

当然のことですが、有効成分が配合されていなければ効果は期待できません。
シミに効く有効成分はいくつかあります。

・アスコルビン酸 ・L-システイン ・トラネキサム酸 etc...
中でも「トラネキサム酸」は、もうできてしまったシミにも効き目が期待できます。

成分の配合量

シミを消したい女性必見!シミを消す薬特集!

チェックしておきたいのは、配合成分の種類だけでなく、その配合量です。低分量では、効果にも差が…。必ず、1錠・1日分の有効成分量をチェック!!

例を挙げると、アスコルビン酸は1,000mg、L-システインは240mgが必要量とされています。

コストパフォーマンス

シミを消したい女性必見!シミを消す薬特集!

あくまで医薬品ですので、健康補助食品(サプリメント)と違い、それなりにお値段ははります。
とはいえ、メーカー価格と各販売店の価格で違いはあります。ネットで価格を比較したり、お得な情報をチェックしてみましょう。

安全性

シミを消したい女性必見!シミを消す薬特集!

どのような商品にも言えることですが、とくに医薬品ですから安全性は要チェック!
メーカーの信頼性だけでなく、製造過程などを具体的に調べておくと安心です。

形状

シミを消したい女性必見!シミを消す薬特集!

薬は、錠剤タイプ・タブレット、粉末タイプなど形状が様々です。
つらい思いをして飲むことはストレスになってしまうので、自分が飲みやすいものを選びましょう。

 

口コミで話題沸騰中!厳選・シミに効く医薬品ランキング

シミ

キミエホワイトプラスの特徴

シミに効く医薬品の中でも知名度はナンバーワン!?
テレビでも、口コミでも話題のキミエホワイトプラスが堂々一位に輝きました。
有効成分である「L-システイン」は240mg、「アスコルビン酸」は500mgと、たっぷり配合されているからこそ実感力が!
さらに、ビタミンB2も配合されていて、ニキビ予防にも有効です。
シミだけでなく、色素沈着やそばかすにお悩みの方にもオススメの医薬品。価格も比較的手ごろ!

価格 2,052円
配合成分 L-システイン、アスコルビン酸、パントテン酸カルシウムetc...
評価 評価5
備考 初回

 

シミ

ロスミンローヤルの特徴

シミだけでなく小じわも気になる方にはコチラ!
ロスミンローヤルは、シミと小じわ、気になる二大トラブルに同時に働きかける医薬品です。
シミに有効な成分+9種の生薬のパワーで肌を整えていきます。
有効成分では、L-システインが160mg、アスコルビン酸が180mg配合されています。

価格 2,052円
配合成分 L-システイン、アスコルビン酸、生薬類etc...
評価 評価4.5
備考 初回

 

シミ

ミルセリンホワイトNKBの特徴

ミルセリンホワイトNKBは、ビタミンもたっぷり配合されている医薬品なのでビタミン補給にも◎
もちろん、シミに有効な成分もしっかり配合されています。
アスコルビン酸は1,000mgも!L-システインは240mg、そしてビタミン類ではビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEも配合しています。

価格 2,980円
配合成分 L-システイン、アスコルビン酸、ビタミン類etc...
評価 評価4
備考 通常料金 定期2,000円

 

シミ

シミトールの特徴

有効成分「アスコルビン酸」の配合量はトップクラス!
シミトールは1日分でアスコルビン酸が2,000mgとたっぷり補給できるようになっています。
メラニン生成を抑制し、色素沈着の緩和に効果的。
コストパフォーマンスも高く、初めての方は980円!

価格 980円
配合成分 アスコルビン酸etc...
評価 評価3.5
備考 初回 定期(2本セット)4,320円

 

シミ

トラネキサム酸の特徴

シミだけでなく、肝斑のお悩みにも対応してくれる医薬品はこちら!
トラネキサム酸には、実際に医療現場で肝斑治療に使われるトラネキサム酸が使われています。価格は少しはりますが、効果には満足の声が。

価格 8,473円
配合成分 トラネキサム酸
評価 評価3
備考

 

医薬品のメリット・デメリット

シミを消したい女性必見!シミを消す薬特集!

メリット…サプリメントと違い、効果が認められている
デメリット…副作用リスク
簡単にまとめると、以上のようになります。

ちなみに、医薬品には「第1類、第2類、第3類」などとタイプがありますが、この違いをご存知ですか?
簡単に言うと、リスク別になっています。
第1類は比較的リスクが高く、第3類は比較的リスクが低いと覚えておいてください。
上記で紹介した医薬品では、トラネキサム酸が第1類医薬品に該当し、その他は第3類医薬品となっています。

 

おおむね第3類医薬品が主流になっていますが、やはりリスクが低く安全性があることがポイントですね。

 

<お薬は正しく服用しましょう!>

シミを消したい女性必見!シミを消す薬特集!

医薬品には、必ず1日の服用量が決まっています。
1日1錠のものもありますし、1日3錠、6錠など、薬によって異なります。ですから、なんとなくで飲まずに、必ず用法用量を確認して服用してください。

飲めば飲むほど効果が高くなるわけではありません!!正しく服用することで効果が発揮されます。
また、薬を飲むときはお水や白湯で服用するようにしてくださいね。
もし万一、副作用が出たときには無理に服用を続けずに中断してください。

 

それから、医薬品を過信することにも注意です。
実際、医薬品は効力がありますが、スキンケアを変えたり食生活を見直すなど、他の角度からもシミ対策を同時進行するようにしてみましょう。
薬だけでなく、シミ用のスキンケア化粧品を使うと、体の内側・外側のダブルアプローチで相乗効果に期待できます。

シミの三大原因要素

シミを消したい女性必見!シミを消す薬特集!

年齢を重ねると目立ち始めるシミの悩み…。
肌トラブルの中でもシミは厄介な問題です。一度できてしまうとなかなか治りません。
原因を知り、日ごろから対策を行っていきましょう!

美白ケアをしている最中もシミを作る原因を生活から取り除くようにすることで、新たなシミを防ぎ、シミのケアの邪魔を妨害できます。
原因はいくつかありますが、主な3大原因要素についてまとめてみました。

【紫外線、炎症】

シミを消したい女性必見!シミを消す薬特集!

紫外線は外部刺激の中でも肌の大敵です。
紫外線を浴びたとき、細胞が体を守るためにメラニンを発生させてしまいます。細胞内のDNAまで損傷を受けて、シミが作られます。
また、紫外線によって日焼けし炎症を起こすと、その症状を抑えるために活性酸素が生成されます。この活性酸素が過剰発生することで健康な細胞にも影響をもたらし、シミが作られたり、ニキビになることもあります。

紫外線と日焼け対策を日々行うようにしましょう。日傘やUV対応の上着、日焼け止めクリームなどを使用して紫外線から肌を守るようにしてください。

【ホルモンバランスの変動】

シミを消したい女性必見!シミを消す薬特集!

私たち女性は2種類の女性ホルモンが周期で変動します。生理がきたときや排卵後、妊娠中などに変化しますが、ホルモンバランスが保たれることで健康的な肌を保ちます。
生理前になると肌が荒れやすいと感じる方は多いと思いますが、それもホルモンバランスの変動です。

とくに更年期でシミが気になる場合は、ホルモンを調整するように意識してみましょう。

【過度のストレス】

シミを消したい女性必見!シミを消す薬特集!

身体的ストレスや心理的ストレス。どちらにしてもストレスは健康や肌、身体全体に影響をもたらします。
ストレスが溜まると不眠になり、健康被害が起こってしまいます。この健康被害からシミなど肌トラブルを招きます。また、肌の活性酸素が余計に増えてしまうため、シミができてしまいます。

シミを消したい女性必見!シミを消す薬特集!最新記事一覧

シミには種類がある?
シミといっても種類があることはご存知ですか??どれも同じように見えますが、具体的にはいくつかの種類に分類されます。【老人性色素斑】主に紫外線が原因のごく一般的なシミです。頬や目元など、さまざまな部位に...
見えないシミがある!?
一般的なシミは老人性色素斑と言い、ハッキリと目に見えて目立ちます。他の種類も目立つものですが、中には見えないシミもあるらしいです!いわゆる、「シミ予備軍」の状態です。目には見えないので、本人としては「...
シミの原因はターンオーバーの乱れ?
シミの主な原因は紫外線ですが、間接的に原因になるのが「ターンオーバーの乱れ」です。ターンオーバーは肌の新陳代謝で正常なら28日サイクルで肌が生まれ変わるようになっています。仕事を終えた細胞が剥がれ落ち...
シミの種類に合わせて対処しよう!
「シミには種類がある?」のページで、シミの種類をいくつか紹介しました。アナタが悩んでいるシミが当てはまる種類は分かりましたか?もう一度、種類を振り返ってみましょう。「老人性色素斑、肝斑、雀卵斑(そばか...
美容液や化粧品選びのコツはある?
美容液など基礎化粧品で毎日スキンケアすることは、キレイな肌を保つためにとても大切です!シミ対策のためには美白系の美容液が人気ですが、美白美容液の商品はさまざまなメーカーから販売されていますよね。結局ど...
シミの主な原因は紫外線ですが、女性ホルモンのバランスが乱れることでもシミができることがあります。私たちは2種類の女性ホルモンのバランスが正常に保たれることで健康や美容が維持されるのですが、バランスが乱...
シミの中でも特殊な「肝斑」とは?
肌トラブルの中でも厄介なシミ。シミにもいろいろと種類がありますが、その中でも「肝斑」は特殊です。一般的にシミは紫外線や肌のターンオーバーの乱れなどが発生源ですが、肝斑は主に女性ホルモンのバランスの変化...
肝斑を治すには?
シミに効く医薬品は増えています。L-システインやアスコルビン酸、N-アセチルシステインなどの美白成分が使われているものが多いです。老人性色素斑という一般的なシミには、効果のある美白成分です。ですが、肝...
シミは消せる?
一度できてしまったシミは治りにくい肌トラブルです…。一般的な美白ケア化粧品も大抵は、シミ対策のためのものです。できてしまったシミを消すというより、できないように予防するための製品がほとんど。なので、シ...
シミ対策はお早めに!
30歳はお肌の曲がり角と言いますが、実際に30歳前になると小じわやシミなどの肌トラブルが増えはじめます。シミはとくに老けた見た目になる原因…。化粧で隠そうとしても簡単に隠れませんし、キレイなすっぴん肌...